お知らせ(向陽台病院)

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

2020.05.11

2020年5月4日(月)新型コロナウイルス感染症対策の基本的方針が変更されました(厚生労働省HP)。

その中で、「令和2年5月4日、法第32条3項に基づき、引き続き全都道府県を緊急事態措置の対象とし、これらの区域において緊急事態措置を実施すべき期間を令和2年5月31日まで延長する。」としました。

また、「国内の感染状況については、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解として、「市民の行動変容が成果を上げ、全国的に新規感染者数は減少傾向にあることは確かである。しかし、未だ、かなりの数の新規感染者数を認めており、現在の水準は、データが明確に立ち上がりはじめた3月上旬やオーバーシュートの兆候を見せ始めた3月中旬前後の新規感染者数の水準までは下回っていない状況である。」「しばらくは、新規感染者数の減少傾向を維持させることを通じて、今後の感染拡大が当面起こり難い程度にまで、取組を継続することの必要性が示唆される」」(中略)「地域や全国で再度感染が拡大すれば、医療体制への更なる負荷が生じる恐れがあることから、当面、この枠組みは維持することが望ましい」としています。

以上を踏まえて、向陽台病院では次のような対応をとることとしました。

 

 

 

外来受診やミーティング参加をされる方、ご面会される方へ

・受付で、来院者全員の体温測定をいたします。引き続き、37.5度以上ある方は、病院内に入ることはできません。外来受診で処方が必要な場合は、自家用車、または別室での待機をお願いいたします。

・5月11日(月)現在、ミーティング等は、入院中の方を対象に病棟内で行なっています。外来治療中の方は、申し訳ありませんが参加できません。これらの対応が変更になったときは、ホームページや担当者を通じて連絡いたします。

・入院患者さんの安全に配慮し、6月1日(月)まで、面会をご遠慮願います。

・入院患者さんの外出、外泊を原則中止いたします。

          

当院では新型コロナウィルスの検査はできません。次の症状のある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください(受診相談の基準が見直されました)。

•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

•重症化しやすい方で、発熱などの比較的軽い風邪症状がある方

•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合

熊本市保健所 帰国者・接触者相談センター 096-372-0705 / 096-364-3222

  • 交通アクセス
  • 病気の話
  • 広報誌
  • 求人情報