お知らせ(向陽台病院)

新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ

2020.03.23
2020年3月19日(木)に「新型コロナウィルス感染症の状況分析・提言」が発表されました(厚生労働省HP)。

2020年3月11日(水)に世界保健機関(WHO)は新型コロナウィルスについて、「パンデミック(世界的な大流行)とみなされる」と表明しました。

日本の現状については「引き続き、持ちこたえてはいますが、一部の地域で感染拡大がみられ」、「地域において、感染源(リンク)が分からない患者数が継続的に増加し、こうした地域が全国的に拡大すれば、どこかの地域を発端として、爆発的な感染拡大を伴う大規模流行に繋がりかねない」。更に「国内での新規感染者数が若干減少する」ものの、「一般に感染症の拡大は一定の小幅なサイクルが存在していること」から、「①換気の悪い密閉空間、②人が密集している、③近距離での会話や発声が行われる、という3つの条件が同時に重なった場、での行動を十分抑制していただくことが重要」。加えて「国内外の現在の感染状況を考えれば、短期的収束は考えにくく長期戦を覚悟する必要があ」るとのことでした。

以上を踏まえて、向陽台病院では次のような対応を取ることとしました。

外来受診やミーティング参加をされる方、ご面会される方へ

・受付で、全員体温測定いたします。37.5度以上ある方は、デイケア、ミーティングなどへの参加はできません。外来受診で処方が必要な場合は、自家用車、または別室での待機をお願いいたします。

・ミーティング等への参加は、マスクの着用が必要です。体調が優れない場合は無理せず欠席の連絡をお願いします。

・入院患者さんの安全に配慮し、3月31日(火)まで、面会をご遠慮願います。ただし、主治医の判断によっては面会可能です。

・入院患者さんの不要不急の外出、外泊の停止は継続します。ただし、主治医と相談のうえ、外出、外泊が治療上必要である場合は、行えることを付記します。

当院では新型コロナウィルスの検査はできません。次の症状のある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

熊本市保健所 帰国者・接触者相談センター 096-372-0705 / 096-364-3222

  • 交通アクセス
  • 病気の話
  • 広報誌
  • 求人情報