デイケアセンター

プログラムについて

当デイケアは週間プログラムです。午前は利用者自身が好みのプログラムを選択し、参加しています。
午後は目的に合わせて、自分で選んだりスタッフと相談しながらプログラムに取り組んでいます。

創作系

「物作りがすき」「集中した時間を過ごしたい」「趣味をみつけたい」という方が参加されています。
手先を使うので頭の体操にもなります。
⇒手芸、ビーズ細工、UVレジン、編み物、ポスター作り、木工、塗り絵、革細工、陶芸 など

運動系

「体力をつけたい」「身体を動かしたい」「みんなで楽しみたい」という方が参加されています。健康維持にもおすすめです。
⇒体育館(ミニバレー、卓球、バスケ、エアロバイク、など)
エアロビ、散歩、ストレッチ、リラクセーション、いきいき体操、健康体操、ヨーガ療法、ダンスエクササイズ、など

話し合い系

病気のこと、人付き合いのこと、生活の心配ごと等を話し合っています。
⇒心理教育、らくらく(人づきあいについて)、生活クラブ、健康講座、栄養講座 など

目的別グループ

就労準備グループ:
働くことへの意識付け(働くイメージの獲得、不安の軽減)と社会スキルの向上(服装、言葉遣い、私物の管理)を目的として活動を行っています。活動を通して集中力を付けたり、同じ場所で作業をすることで働くことへのイメージ作りにつながります。

新人オリエンテーション:
デイケアを開始したばかりの方を対象に、デイケアの紹介をしています。
分からないことを質問しあったり、和気あいあいと参加者でゲームをしたりします。
よりよい治療を目指すために、デイケア療法の目標確認をする時間もあります。

当事者研究:
自分の困りごとを研究対象として、おもしろく、かつ真剣に研究しています。生きづらさや苦労を仲間と共有しながら、自分らしい生き方や暮らし方を模索しています。

年代別グループ:
週に1回は、同年代との交流を目的に年代別プログラムがあります。思春期グループは思春期病棟と合同で学習支援や思春期プログラムを行っています。

一人暮らしグループ:
これから一人暮らしを考えているけど「不安」「自信がない」という方、今一人暮らしだけど「うまくいかない」という方が参加されています。食事の準備や金銭管理など、実践・ミーティングを通して身につけていきます。

その他プログラム

音楽:
幅広い年代、ジャンルの曲を楽しく歌っています。
敬老会やクリスマス会で発表することもあります。

園芸:
敷地内にある畑で土作りから種まき苗植えをして季節の野菜を育てています。園芸は成長に合わせた作業を行うため、季節感を味わうこともできます。収穫した野菜は販売したり、調理して皆で食べています。

ゆっくり系:
ゆっくりのんびりしたい方は、カラオケや室内ゲームなどに参加しています。

行事

デイケアでは一年を通して様々な院内・院外行事があります。(平成28年掲載)

1月 消防署講話
3月 警察署講話、花見
7月 歯科衛生士講話
わかば会交流会
8月 消費者庁講話
10月 精神保健福祉大会
鹿本スポレク
ふれあいピック
11月 熊本市ミニバレー大会
12月 年忘れミニバレー大会
  • 交通アクセス
  • 病気の話
  • 交通アクセス
  • 求人情報