お知らせ

平成29年度 第1回 なでしこクラブ報告

2017.09.29

 なでしこでは、年3回児童思春期に関する支援者のための勉強会を行っています。対象は、医療機関、教育機関、行政、療育機関の支援者向けとなっています。今年度は、児童思春期から青年期に焦点をあて、①発達課題②学校での進路指導における取り組み③高校卒業後に利用できる社会資源について学びを深めていく内容になっております。                                                 8月に開催した第1回目では、当法人社会福祉事業の事業長である植村(臨床心理士)より「思春期と青年期における発達課題とその問題」をテーマに話があり、100名の参加がありました。支援者の視点として、表面化する問題行動だけに着目するのではなく、背景を知る事や愛着関係や対人関係において、どのようなうまくいかなさが不適応行動として起こってしまうのか "心情を理解し、寄り添う支援″の大切さを学びました。今後も、よりよい支援関係の構築を目指し、学びを深めていきたいと思います。

なでしこクラブ①.jpg

  • 交通アクセス
  • 病気の話
  • 広報誌
  • 求人情報